サイトの向上につながる解析 > 差をつける

差をつける

ショッピングなどでインターネットを利用する人は多いでしょうが、その際、気になることはないでしょうか。個人のホームページと違って、企業が所有しているホームページには、そのほとんどにアクセスカウンターがありません。人気のバロメーターとして捉えられることの多いアクセスカウンターがなぜ設置されていないのか、疑問に思ったことはないでしょうか。それは、企業がアクセスカウンターの数字は「見せかけ」でしかないということを理解しているからです。では、企業のホームページでは、人気のあるなしをどうやって調べているのでしょうか。

どのコンテンツに人気があり、必要とされている情報はどれなのかということを、企業は「アクセス解析」を基に調べています。アクセス解析とは、どのルートで訪問者がきたのかということや、どのページにどれくらい留まっていたのか、実際に商品を購入したのかといったことを教えてくれるシステムです。また、検索の際にどのようなキーワードを使ったか、打った広告が機能しているかどうかについても調べることができることから、多くの企業は「見せかけ」の数字でしかないカウンターではなく、アクセス解析の方を利用しているのです。多くの企業が利用しているアクセス解析ですが、決して個人のホームページと無関係だという訳ではありません。

個人のホームページにおいても、「アクセス解析」を設置することは大切だと言うことができます。特に、なにごとかの周知を目的としている場合には、利用価値が高いと言うことができるでしょう。もちろん、同じような情報を発信しているサイトよりも一歩リードしたいと考えている場合にも有効だと言うことができます。もし、ライバルサイトに差をつけたいと考えているのであれば、まずは「己を知る」ことが大切であり、アクセス解析はそのために必要な情報を提供してくれることから、設置するべきシステムだと言うことができるのです。